復活の選択タイプその3
皆さんお久しぶりです。投稿者「必殺ダイナミックアッパーーー」ふべし!

エイジ「はぁはぁはぁ・・・これで俺は・・・」

復活!投稿者アソウです。「何!まだ生きていたか!!」

いきなりなにしよるねんエイジ君、「何故に関西弁!」

はっ、まーまだ完全に素やないやけどな。

「ちなみに聞くけど素だったら何弁なんだ?」ふっ秘密だよエイジ君。

「めちゃめちゃ気になるけど・・・やっぱ止めの必殺技を放っとくべきだったな。」

ふっ、無駄だよエイジ君、私が投稿者である限り、否、この作品では神といっていい存在な限り死ぬ事はないのだ!

「言われればそうか、じゃあ殺し放題だな。」へ?

「フフフフ・・・」いやーーーー

物語と関係ない所へ脱線しながら選択Bが進む。



エイジが放心していると・・・・

セシル「エイジ様・・・」

と、言いながら体を摺り寄せる。

アーニャ:ブリキッタ「「セ、セシル!!」」

普段大人しいセシルの行動に2人は復活するも驚きを隠せないでいた。

セシル「エイジ様は私の・・・誰にも渡さない。」

静かな告白にアーニャとブリキッタは口をパクパクさせていた。

ブリキッタ「セ、セシル。気持ちは分かるけど私達はエイジ様の御付のメイドなのよ、それに・・・」

セシル「分かってる、でも私はエイジ様が好きなの。」

アーニャ「セシル・・・」

普段のセシルを知ってるだけに2人は何も言えなくなった。何時も大人しく自分をあまり前に出さないセシルが事エイジに関してだけ想いをありのままぶつけているのだから。

しばしの沈黙を破ったのは不意に現れた人物の掛け声だった。

リィル「エイジ義兄さん入りますよ。」

そう言ってリィルは部屋の扉を開ける。
そこで見たのはエイジに抱きつくセシル、放心しているエイジ、
困った顔をしたアーニャとブリキッタだった。

リィル「・・・セシルなにやってるの?」

リィルは状況が理解できなかった。
ただエイジに抱き付くセシルを見て酷く胸が重くなった気がした。
搾り出して言う一言がやけにキツイ言いようだったなどとこの時は気づいてなかった。

セシル「リィル様・・・例えリィル様でもエイジ様・・・エイジさんは渡しません。」

アーニャ「セ、セシル!」

セシル「それが例えアーニャとブリキッタだったとしてもエイジさんは渡さない。」

その瞳は真剣そのものだった。
アーニャとブリキッタは主人に対して戦線布告と言わんばかり発言をしたセシルに戸惑うばかりだった。
そして想い沈黙を破ったのはリィルだった。

リィル「セシルの気持ちは分かったわ。でも・・・」

静かだが焔が燃え上がるようにセシルを見つめる。

リィル「私もエイジ義兄さんを・・・エイジさんを渡したりしません。」

ブリキッタ「リ、リィル様まで!」

さらに混沌化した。

2人が発生させる異様な雰囲気に汗を流すブリキッタ。

アーニャ「お2人の気持ちは分かりました。」

そんな空気の中、アーニャは凛とした表情で2人を見る。
この状況を打破する方法を思いついてくれたのかと安堵するブリキッタ。
しかし、アーニャが言い出したのは究極の爆弾発言だった。

アーニャ「ですが、私もエイジ様を1人の男性としてお慕いしてます。ですからお2人には負けません。」

ブリキッタ「ア、アーニャ!」

もはや、この空気に完全に取り残されたブリキッタはただ口をパクつかせるだけだった。これから始まるであろうエイジ争奪戦の始まりに巻き込まれる形になった自分を呪ながら・・・

ブリキッタ「な、何でこうなったんだろう?」

睨み会う三人の気迫に脅え隅っこの方で震えるブリキッタだった。
ちなみにエイジが再始動したのはそれから30分後だった。
余談ではあるが食事が遅くなったことに腹を立てた琉菜に愚痴を言われ。
ミズキに「エイジもスミに置けないわねー」などと言われたり。
「エイジ、何かあったの?」とあい変らず斗牙は天然丸出しだし。
「エイジ、恋愛とは常に突然始まる物、自分の最良になる相手を選ぶと良い」と諭すように語るサンドマンにがっくりと肩を落としたのだった。


さて選択です。

@現実逃避学校へ逃げよう。

Aこうなったら毒を喰らうなら皿まで、三人を!

Bここは古いなじみに相談、現状打破だ!


さー選んでくれ♡









アソウ
2007年09月30日(日) 21時02分28秒 公開
■この作品の著作権はアソウさんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
最近リリなのの小説書き始めました。
投稿しているのはサクラ大戦を書いている所なんですけど・・・
前回より食いつき良い!?
と本人も驚いてました。

この作品の感想をお寄せください。
2ですね
10 いkhじ ■2007-10-20 06:45:21 219.183.221.254
ここは三番…いや!待て……あえて一番を選びます!
そして、最終的には全員に食われるエイジを……! うわなにをす(ry

ところではじめまして、魔龍 銀というものです。
実は結構読んでますww
次回、楽しみにしていますねー
エイジー、私達を楽しませてくれよー(外道
10 魔龍 銀 ■2007-10-05 03:03:45 124.100.116.198
やっぱ、ここはAでしょ。毒を喰らうなら皿まで、アーニャ・リィル・セシルの三人を食べなきゃエイジ、男が廃る。 10 ■2007-10-02 16:20:52 210.20.28.166
ここは3だぁぁぁ

混沌化・・・・・・・・・・・・・・・・・・ややこしい展開になるのかな・・・・・・・・・・・・・・・・・・て言うか修羅場に期待
50 翔魔 ■2007-09-30 13:03:09 210.136.161.150
合計 80
お名前(必須) E-Mail(任意)
メッセージ


<<戻る
感想記事削除PASSWORD
PASSWORD 編集 削除